バイオ・リスニングの効果

バイオ・リスニングの効果

バイオ・リスニングの詳細と購入はこちら バイオ・リスニング

・フォーカスバンド機能を作る
バイオ・リスニング日本語と違った周波数を聞いて違いを区別する耳を作ります。英語は理解できるけど、聞き取れない方にお勧めです。
日本語と英語には周波数が違うため構造が違います。
日本人の耳は日本語の低い周波数になれていて英語の高い周波数を聞き取れるつくりになっていません。
そのため英語が読めたり、文法が理解できたりしても英語が話せない人が少なくないのです。
耳を高い周波数を聞き取れるように作ることが可能です。
周波数を聞き取るトレーニングは、3段階に調節でき、自分のレベルに適した訓練ができます。

・言語リズムを身に付け、基本と同じ右脳を作る
日本人は、母音を左脳で理解するようになっています。
英語のヒアリングを可能にするにはその脳の構造を変化させなければなりません。

欧米人と同じ脳の創りができると、英語耳も発達します。
右脳が活発になることによって想像力や記憶力が向上したり眠っていた能力を生かすことが可能になります。

・脳全体の活性化をはかる。
音楽を使用しての聴覚訓練は「音楽モード」で、英語教材などのトレーニングは、「言語モード」で使用可能なので、学習効率がアップします。
英語耳と英語脳つくりのトレーニングは脳全体の活性化に大切な役割を果たしています。脳に高音域に一定のリズムで強弱をつけることで脳にゆらぎを与えてやる気をもたらします。

・言語処理能力を向上させます。
右耳に左耳により多くの音を与えることで、右耳を聴覚優勢にする動きを強くします。
脳で神経は交差しているため、左耳にからの言語情報は右脳へ伝わり、右脳から左脳へ伝わります。
右耳で聞く練習をしていることで、脳に伝わる時間と処理能力が速くなり、英語のコミュニケーションがより早くなります。

バイオ・リスニングの詳細と購入はこちら バイオ・リスニング